引越し 見積もり おすすめ

引越し見積もりのおすすめ

引越し 見積もり 概算

引越し 見積もり 費用

引越し 見積もり おすすめ

引っ越し 見積もり 平均

 

引越しにかかる費用を知りたい。

 

引越し費用は、スタッフの人件費+トラックのガソリン代+オプションの有無などによって決まります。

 

 

引越し 概算

 

 

当然ながら引越しにかかる費用は条件によって違います。
同じ荷物の量でも近距離引越しと遠距離なら、遠距離の方が費用がだいぶかかります。

 

あなたの引越しの見積もり概算を知りたいなら、一括見積もりを取ってみましょう。

 

引越し一括見積もりはこちら

クロネコヤマト引越センター
も加盟しています↑↑

 

 

当日トラブルにならないためには、見積もりの際にできるだけ正確に入力することです。

 

冷蔵庫の大きさや物件のエレベーターの有無、引越しには重要なチェックポイントとなります。

 

さらにできるだけ安くしたいなら、引越し当日までにいらない家財を処分することです。
新居に運んでから捨てよう・・・というのは、無駄な費用がかかります。

 

できるだけ荷物を減らして、一括見積もりをすれば、1番安い引越し業者を簡単に見つけることができますよ。

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

 

 

 

 

 

引っ越しの手順は

引越し手順リスト
引越しの時は、しなければならないことが多くてちょっと面倒です。

 

だからこそ手順を理解して、順序よくこなしていくのがいいですね。

 

引越しが決まったらすぐ、今住んでいる家の大家さんか管理会社に連絡して、退去の意思を伝えて新居を探し始めましょう。

 

新居の住所が決まらないと引越し準備は進みませんので、早め新居を選びたいところです。

 

 

 

<引越しの1〜2か月前>
・契約した新居を下見し、家具の配置を決める。
・普通ゴミや粗大ゴミの処分
・引越し業者に見積もりを依頼
・子供の転校手続き

 

<引越し2週間前>
・ダンボールを手配して荷造り
・電話の引越し

 

<引越し1週間前>
・現在お住いの地域にある市区町村役場に転居届け
・国民健康保険や印鑑登録を停止
・電力・ガス・水道会社・郵便局への連絡
・NHKや新聞販売店への連絡

 

<引越し前日まで>
・旧居と新居の大掃除
・旧居の大家さんへご挨拶

 

<引越し当日>
・荷物の搬送と搬入
・電気・ガス・水道料金の精算
・旧居の掃除、忘れ物チェック、鍵の返却
・新居の近隣の方へご挨拶

 

<引越し後>
・荷解き
・転入届や子供の転入学届、国民健康保険の加入
・国民年金やパスポート、運転免許証などの住所変更
・友人知人に引越しハガキを送る

 

 

だいたいこのような感じになります。
引越し業者にお願いするとお金がかかりますが、かなり効率良く引越しできます。

 

引越し リスト

 

もし引越し費用を安くしたいなら、引越し一括見積もりをして業者同士で競争してもらうといいですよ。